スポンサーリンク

カナカナさんに続いてボリクコーヒーさん(奈良市ならまち)カフェ

②NARA MINAMIYAMASHIRO(奈良南山城)

カナカナさんに続いてボリクコーヒーさん(奈良市ならまち)カフェ

ならまち散策

前回のカナカナさんの来訪から、すっかり奈良モードになった私は続けざまにボリクコーヒーさんに行くことに。近くのパーキングに駐車してならまち界隈を歩きます。カナカナさんから遠いと思っていましたが、全くそんなことありません。姉妹店だけあってちかいちかい。

印象的なのが漢方の 菊岡さんのお店です。

車が一台通れるほどの細い路地なんですが、面白そうなお店がたくさんありますね。気になったところがこちら。

■菊岡漢方薬局
なんとHPがかっこよかった!老舗おそるべし

■グリルTALO
今回、発見。歩いてみると発見ありますよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

taro sugimori(@grille_talo)がシェアした投稿


■中西与三郎
全然意識してませんでした。かき氷もやられているようです。老舗和菓子屋さん。


■糸季
奈良は広陵町は靴下の生産で有名ですが、靴下って意外と大切です。足元が決まればその日は良い気分でお出かけすることが出来ます。そうそうこんなのが欲しかったんです。


■春日庵
時折、いただくさつま焼き。これがまた美味しいんです。通りがかってこちらがお店があると知りました。調べてみると二階で喫茶もできるみたいです。こちらもかき氷かぁ、挑戦してはります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

御菓子司 春日庵(@kasugaan)がシェアした投稿


■ゆき亭
オムライスは本当に小さいころから大好きです。卵いピッと切れ目を入れてとろぉではなくて昔ながらのちゃんと火が入ったものが巻かれているようなものが好きです。こちらはそんなオーソドックスなものが頂けそうで気になっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちむ(@chimu_foodie)がシェアした投稿

今までに行ったところ

こちらのブログはご紹介とともに自身のメモでもあります。今後行く予定のお店でした。

ボリクコーヒーさんの情報

■ボリクコーヒー
奈良県奈良市西新屋町40−1
0742-87-1310
営業 12:30~18:00 月火定休

いざ入店

庚申堂

ならまちには庚申堂というお堂があります。中を参拝できるというわけではありませんが、露地にはみがわりさるが軒先にかけられていて地元の信仰の対象となっています。

『庚申縁起』によると、文武天皇4年(700)に疫病が流行した時、元興寺の護命僧正が仏に加護を祈っていると、青面金剛が現れ、「汝の至誠に感じ悪病を払ってやる」と言って消え去ったあと、間もなく悪病が収まった。この感得の日が庚申の年・庚申の月・庚申の日であったことから、青面金剛を祀り、悪病を持ってくるといわれる「三尸の虫」退治を念じて仏の供養をしたと伝わります。

こちらのすぐ隣がボリクコーヒーさんです。

汗ばむくらいの陽気の日でした。お店のエントランスにお庭があって陽射しがとてもきれいにお店を照らしていました。とても魅力的なエントランスです。

お店からギターの音色が聞こえてきます。やけにいい音。生演奏?しまった。今日は何かイベントの日だったのかもしれない と思い、入店してみると、入ったすぐのところでアコースティックギターを鳴らし歌う女性が。店主さんによると喫茶は問題なく出来るとのこと。

ライブを拝見しているとなんでも一年に一回、この時期に開催されているとのことで、お店には彼女の歌を目当てに数名のお客さんが来られています。

本当に天気の良い日で、大きな窓ガラスから日が差し込んでいます。その情景と彼女のやさしい音と歌声がとてもマッチし素敵なカフェタイムとなりました。

コーヒーとケーキを頂く

注文したのもはシンプルにお店が提供するコーヒー。もちろんブラックです。
そしてケーキ、ケーキはいくつか種類があって悩みました。

コーンミールとレモンのケーキ をチョイス。魅力的なケーキが多く、また伺いたいと思いました。

お店の中、インテリア

コーヒーを待つ間、音に身をゆだねながら店内に目をやります。カナカナさん同様、ロシア雑貨が置かれています。ポストカードなどかわいいものも多く、雑貨やさんとしても魅力的です。

窓は大きく太陽の光が店内に差し込みます。

コーンミールとレモンのケーキ そして コーヒー

ケーキとコーヒーがやってきました。

この上の白いところ好きなんです(笑)ほんのりレモンで。コーヒーによく合います。コーヒーってお店によって本当に違うんだなと思います。その時の気分でお店を選ぶのも面白いですね。

おススメのコーヒーのお店

今までに伺ったお店からです。サイト内をコーヒーで検索。

 

奈良の魅力を再確認

前回のカナカナさんに続き、ボリクコーヒーさんに伺いました。その道すがらならまちを散策。奈良の魅力にまたまた気づかされた日でした。お気に入りのレンズ、カールツァイスのplanerに変えてからカメラ熱も再燃しています。物撮りなどカメラは幅が広いですが、私はその時感じた空気観をいかに写真に残せるかをテーマにしています。奇麗な写真はたくさんありますが、それも含めて自分が感じた質感にいかに近づけることが出来るかに挑戦しています。それはボケであったりいろいろなんですが。白とび寸前のギリギリなものも感じた太陽の陽射し、そういうものを表現しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました