①KYOTANABE(京田辺)

①KYOTANABE(京田辺) ①KYOTANABE(京田辺)

京田辺市生まれ、京田辺市在住。京田辺市だからではなく本当に行きたい京田辺市のお店を厳選しています。京田辺市民だけでなく他のエリアからも是非行ってほしいお店をご紹介しています。

①KYOTANABE(京田辺)

ブランチにある中華料理 香xianでランチ(松井山手)中華

京田辺市は松井山手に出来た商業施設ブランチ。本日はランチを頂きに中華料理香xianに伺いました。お昼のランチコースが魅力です。2022年6月には総菜とラーメンがいただけるお店をOPEN予定。クラウドファンディングにも挑戦をされていました。こちらも楽しみですね。
①KYOTANABE(京田辺)

takatakaさんで実は一番辛いのはカレーうどん(大住)スパイスカレー

taka m takaさんで私が一番好きなメニューは聞かれると悩みながらもこう答えます。カレーうどんと!京田辺市は大住駅隣のスパイスカレーのお店。takatakaさん。家からすぐでこんなに本格的なスパイスカレーをいただける、なんとも嬉しい限りです。そしてこのカレーうどんtakatakaさんのお店で実は一番辛いかもと言われるカレーです。最後、ごはんで〆も最高です1
①KYOTANABE(京田辺)

塩豚と大根スパイスカレー(takataka cafe)大住スパイスカレー 2021/12/15

京田辺市は大住のスパイスカリーがいただけるお店takataka cafeさん。この週は塩豚と大根のスパイスカリー。冬は大根ですね。甘さがたまりません。カレーと相性いいです。塩豚は鉄板ですね。Takatakaさんのポーク系は外しません。お店はちょっぴりクリスマス仕様になっていました。
①KYOTANABE(京田辺)

忘年会の概念を変える! mane(花住坂)イタリアン

忘年会の季節です。大勢でワイワイする忘年会、安くて腹いっぱいの忘年会、から離れて今年は大切な人とゆっくり贅沢な時間を過ごしましょう。京田辺市松井山手は花住坂のイタリアンmaneさんでいただく12月のディナーです。雲子率高しに大興奮。いつも蟹とめっちゃ豪華につかってくれるから嬉しい。しかし中山珈琲さんのチルチルは美味しいなぁ、シェフの大好きなローゼンタールのお皿を眺めながらどうぞ
①KYOTANABE(京田辺)

夏の終わりに夏がきた!Atable(アターブル)のかき氷復活

あー今年はatable(アターブル)さんかき氷なかったなぁと残念に思っていましたが、このタイミングで時間限定で復活です。松井山手花住坂のカフェ、山手幹線黎明期から今も現役のお店です。今年も夏の終わりのプレゼントですね。今回はいちじくとマスカルポーネに大満足の夕暮れオフになりました。
①KYOTANABE(京田辺)

2021夏 mane(モーネ)のランチ

2021年8月22日現在、京都も緊急事態宣言が発令されました。その為に飲食店は時短営業、酒類の提供は禁止に。花住坂のイタリアンレストランmaneさんもしばらくの間、休業です。こちらは初夏7月にいただいた夏満載のランチ。トマト、キュウリの夏野菜そして鱧や鮎と河村シェフのオリジナルティ溢れる独創的かつ素材の良さを活かしたイタリアンは健在です。宣言明けを楽しみに今は我慢我慢ですね。
①KYOTANABE(京田辺)

なつやすみ Atableアターブル(花住坂)カフェ

夏休みに入りました。世間はオリンピック。物議をかもしまくっていましたが、一体どうなることやら。暑すぎる京田辺の今日はのんびりatableアターブルさんでお茶気分。花住坂にOPENして20年の老舗カフェはコロナ禍の今現在も現役バリバリです。外のテラス席で自慢のケーキセットに舌鼓。
①KYOTANABE(京田辺)

チョコとコーヒーのマリアージュブレンド -カフェサボローゾ(薪)

京田辺市の薪に出来たスペシャルティコーヒーが飲めるお店カフェサボローズさん。世界2位の珈琲鑑定士が提供するライブブレンドとともに人気なのはトモエサヴールのチョコレートソムリエ、さつたにかなこさんが厳選したチョコに合わせたマリアージュブレンド。今回はミルクチョコとのマリアージュ!
①KYOTANABE(京田辺)

京田辺市のひみつのパン屋さん 歩歩さん再訪

人気過ぎてもうそろそろひみつではなくなりつつある京田辺市の孤高のパン屋。歩歩さん。店主さん、お店の手触り感を求めて再訪です。お店の様子はどうなの?店主さんはどんな感じ?そもそもお店に客観的情報って必要?本当は自分で足を運んで自分で確かめることこそ大切なのでは?!
①KYOTANABE(京田辺)

rustique ルスティク(京田辺市興戸)フレンチ

京田辺にお店をOPENして10周年になるフレンチレストランrustiqueルスティク。休日のみのランチにて再訪。オリジナルのノンアルコールドリンクをはじめ、こだわりの食材を存分に楽しめた。10周年の節目に見えてきたこれからのルスティクの目指すお店の姿とは?
タイトルとURLをコピーしました