スポンサーリンク

金子 淳(金子農園 京田辺市 草内)

⑦ひと 

金子農園 金子 淳

人物

草内に農地を借りた。金子農園の金子さんは就農して3年。大阪の出身で病院などの給食に携わる仕事をしていた。仕事柄、調理を手伝うこともあり昔から食には感心が高かった。
独立心が強かった金子さんは、いわゆる脱サラをして大原の農家さんに弟子入りをした。そこで有機農業を学び、京田辺の地で独立就農。  有機肥料を使い、除草剤に化学肥料、農薬は不使用で栽培を始める。研修先と環境も土壌も違う状況で雑草、虫、病気などととどう付き合っていくか試行錯誤の連続。虫食いの少ない病気に負けない野菜作りを目指した。


肥料も極力少なく栽培することを心がけ、土壌環境を整え、季節に合わせて肥料の量や種類を変えて野菜に必要な肥料を与えるように心がける。肥料に使用されているものは有機JASの認証を受けた肥料のみ。有機質と記載されていても全て使えるわけではない。使える肥料を探すことにも苦労した。 そんな時、偶然にも地元の肥料屋さんとつながりが出来た、その肥料屋さんは有機肥料を多数取り扱っていた。それによって使用できる肥料の幅が広がり、それと同時に栽培の幅も広がった。

肥料屋さんとつながりがしめすように地域との繋がりも重要だ。農地を増やすにしても紹介してくれる人がいなければ何年経っても規模を拡大することができない。条件の良い場所が借りることが出来ないからだ。 辛抱もいるが今後もバランスよく楽しく農業をやっていきたいと金子さんは言う。
野菜を選んで買うということ食を考えるということは私たちが私たちの人生をどのように生きていきたいか、どのように過ごしたいかを考える上でとても大切なことだ。ただ今の日本では安全なものを安心して買う環境が整っていない。

金子さんの目指す野菜とレシピを考える

美味しい野菜は必要最低限の調理でも美味しくいただく事ができます。

■かぶらをオリーブオイルで

■旬の野菜を蒸し焼きにして味付けは塩でシンプルに

金子さん一問一答

Q あなたの夢は何ですか
A 目標としていた独立就農をしたので今は無し
Q そのために今、力を入れていることは何ですか?
A 栽培技術の向上
Q あなたの強みは何ですか?
A 農業者として若手の30代
Q 逆にあなたの弱点を教えてください
A 飽き性
Q 今年の目標を教えてください
A 楽しく農業

Photo

金子さんのお野菜はどこで買えるの?

コメント

  1. […] たなべさん家のそとごはん2021-04-17 16:10:53金子 淳(金子農園 京田辺市 草内… […]

  2. […] たなべさん家のそとごはん2021-04-17 16:10:53金子 淳(金子農園 京田辺市 草内… […]

タイトルとURLをコピーしました