スポンサーリンク

奈良でラーメンを食す 麺leadsなかの 天理店 麺屋NOROMA

②NARA MINAMIYAMASHIRO(奈良南山城)

奈良でラーメンを食す 今回は2店をご紹介

麺leadsなかの

まずは天理にあるこちらのお店、麺leads中野。本店は大和高田市です。奈良市から近いこちらの天理店に伺いました。

お店情報

奈良県天理市庵治町209−8

OPEN 11:00~15:00 17:00~00:00

休みはなし、中休みありです。

いざ実食

気になっていた麺leadsなかのさん。鶏に徹底的にこだわったスープ。三つ葉さんに伺って以来、泡系が気になってしかたがない私です。是非とも行かねばと5時のOPENを狙っていざ。しかし奈良の夕方は道が混んで仕方がない。奈良好きなんですが朝と夕の渋滞だけは未だになれません。

お店に着くと私の前に一組。お店に入ったところで食券を買います。こちら食券を買うだけのスペースになっています。椅子が置いてあり、こちらで待つようになっています。

奥にはテーブル席、そして手前厨房前にはカウンター席があります。カウンター席に座ります。
おススメは 特製TORI 白湯らーめん(1,050円) 塩と醤油があります。今回は醤油をチョイス!

来ました!鶏ガラ、あらゆる部位を使用した100%鶏スープ。それを活かすために昆布椎茸乾物を使用した魚介とのWスープです。

チャーシューはイタリア産ドルチェボルコ、国産に比べて長期飼育されたもので低温調理でのレアチャーシューになります。

「ドルチェポルコ」とは、イタリアのクレモナ地方で伝統的な生ハムの原料として、通常より長く肥育される豚肉です。生ハムの基準を守るための厳格な決まりや管理のもと、通常は6ヶ月の肥育で出荷される豚を、9カ月以上肥育しています。また、体重は150kg以上のものに限定して屠畜されるため、肉質のバランスは生ハム用としてはもとより、そのまま調理する食肉としてもすぐれた豚肉です。

肉質の特徴は、脂肪の融点が低く、口どけの良い脂が特徴です。味は脂の旨みに定評があり、シンプルに塩と胡椒で味付けして頂くと、より一層の甘さを堪能できます。もちろんイタリア料理との相性は抜群で、サルティンボッカやアマトリチャーナなどにアレンジしてもオススメです。「ドルチェ」はイタリア語で「甘美な、優しい」という意味があり、イタリア男性が女性を口説く様に愛情を込めて育てられた「ドルチェポルコ」を是非この機会にご賞味下さい。https://hachimenroppi.com/recommend/details/329

 

この投稿をInstagramで見る

 

金子 群馬(@kanekogunma)がシェアした投稿

勉強になりやす!

魚介はスッキリとしていてまったくしんどくありません。なんといっても乾物がいい仕事をしていて活きています。鶏のスープもとても良く、まずしつこくありません。脂っこさもない、しかしコクがないわけでもありません。

麺の太さも太すぎず細すぎずスープとの相性がとてもよく程よく麺の味を感じます。そして先ほどご紹介したチャーシューの豚。レアなチャーシューはあまり得意ではないのですがこれは美味しいですね。

店内はギンガムチェックのシャツを着た店員さん。JAZZが流れるお店です。本店は味がちがうのか、気になりますね。次回!

麺屋NOROMA

そしてこちらはJR奈良駅から南へ下がっていったところにあるNOROMAさん。ここも有名ですね。もっと南に行くと情熱うどんはるりん さんがあります。

緊急事態宣言、飲食店にとってはかなりの痛手だったとは思いますが、NOROMAさんのような人気店でも並ばずに入店できるようになったのは不幸中の幸いと言いますか、、なかなか難しいところですが。でもやっぱり元気にいつまでも営業していてほしいので流行っては欲しいです。

お店情報

奈良市南京終町3丁目1531

こちらも無休
OPEN 11:30~15:00 18:00~22:00

実食

車を停めて入店。カウンターに座ります。数々のタイトルを獲得しています。三つ葉さんとのタイトルもありますね。うんうん。店員さんはお店のTシャツなのか ドラクエネタの Tシャツです。すばやさ+1 や 防御力+1 と書いてありました。しかも本当にスピードを足してあげたい店員さんがスピード+1なのがツボでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

麺屋NOROMA(@menyanoroma)がシェアした投稿

さていざ入店、開店早々でしたがお店にはお客さんで一杯です。かろうじてカウンターをゲット。

こちらのお店も鶏押し!ラーメンかつけ麺か迷いましたが次回も来ると思い、今回はラーメンで。餃子も有名らしいですね。そしてキムラくんも人気!?

 

この投稿をInstagramで見る

 

麺屋NOROMA(@menyanoroma)がシェアした投稿

今回は鶏醤油。ドーンこちら!

好きだわ、このオーソドックスなん。つけ麺が死ぬほど気になったけどこちらをいただいてからでないとなんか失礼なのかと思いました。この見た目も最高ですね。

まずスープ、こちらはこちらで鶏愛をものすごく感じますね。あっさりスッキリだけど存在感は抜群です。そして特筆すべきは麺。こだわったというこの麺はNOROMAの麺でしかありません。つけ麺はまた違ったアプローチの麺を用意しているということなので益々つけ麺を食べないといけなくなりました。

奈良のラーメンなかなか侮れずです。実はまだ取材できていないとこあって気になるとこ沢山あるんですよーー

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました