スポンサーリンク

麺麓menrokuー(枚方市)

③OOSAKA(大阪)
スポンサーリンク

麺麓menrokuー(枚方市)

メモと店舗詳細

枚方市に鴨のラーメンを出すお店が聞いて行ったのが、2年ほど前それからずいぶんと行くことがありませんでした。ラーメンにとらわれないスタイルが良いと思いました。それからの様子が気になり今回の2回目来訪となりました。

大阪府枚方市大峰元町1-6-30
072-396-6749

営業時間

11:00~15:00(L.O) 15:30close
17:30~21:00(L.O)21:30close

日曜営業
定休日なし(第2火曜、第4火曜は昼のみ営業)

sns

 

この投稿をInstagramで見る

 

麺麓menroku(@men_roku)がシェアした投稿

 

twitterが便利

map

my impressions&photo

久々の来訪、前回伺ったときは美味しいなと思いつつも少しオペレーションなどの不備を感じました。こちらはほとんど慣れの問題のようなところもあります。しかしながら味はオリジナリティを十分に感じさせるものでした。

今回は夜OPENして間もない時間に到着、入店しました。それでもすでに半分以上の席が埋まっている状況です。繁盛していますね。今回も注文は私はつけ麺と決めていましたが、よく見てみるとわずかの値段で麺の量が変更できるではありませんか!

小中大特盛 とありますがなんと特は通常1玉に対して4玉そしてその差額なんと100円!

子どもは温かいラーメンを注文していましたがものすごく興味津々なので4玉の特盛にすることに。
サイドには赤ワインで煮込んだ鴨肉を注文しました。まずは赤ワイン煮が到着です。

ホロホロです。うーん、ラーメン屋さんのサイドではない(笑)調べてみるとオーナーシェフの松永さんはラーメン屋さんで働いていた経験はありながらも途中、フレンチのシェフとして修業をされていたとのこと。

やばいぞ、なんかこのシェフ!(※最後に松永シェフについて書いていきます)

そんなこんなで息子の鴨出汁そばが到着です。

春菊やスダチがはいり、実に丁寧に仕上げられたスープ。ネギの部位と切り方もシャクシャクという食感が楽しめるのがポイントが高い。そして鴨は当たり前ですがやはり美味しい。麺も存在感ありながらも邪魔をしません。

次に鴨つけそばが到着。

 

鴨は部位を二種類から選ぶことが出来ます。麺の皿の右上にあるソースはバルサミコ酢を使ったソースなんですがこちらに鴨をつけていただきます。はいこれ絶対フレンチです。そして肝心の面をスープにつけていただくのですが、これパスタやん。麺がこの濃厚なソースに絡む感じ、イタリアンです。味は濃いのですが、塩辛かったり出汁がきつかったりしないんですよね。わかりますでしょうか?最近のつけ麺は出汁取りすぎなのではと思うことが多いのですが、これはフレンチやイタリアンをいただいた時に近い感覚です。

そして何よりよかったのがスープを温めなおしてくれることでした。実は前回、もったいないと思った点がここでした。洋食器の宿命でもありますが保温というものに対して私は弱いと思っています。(その点、漆器はすばらしい)このつけ麺をアツアツの状態でずっと食べられたらと思っていました。

今回は頼みませんでしたが前回、頼んだのがこちら。丼です。バルサミコ大好きです。ラーメン屋さんの丼もんはあまり得意ではないのですがこちらはとても良かったですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

麺麓menroku(@men_roku)がシェアした投稿

今回も満腹満足の夕食となりました。次にmenrokuさんについて迫っていきます

オンラインショップ

menrokuさんのHPではオンラインでラーメンが購入できます。興味ある方は是非。

 

オーナシェフ松永さん

シェフのことを調べてたらこんなyoutubeチャンネルを発見!!

welcome to the Motoki Ramen Academy!! I’m Motoki, the master chef of the Menroku Group. I’m here to share secret Japanese ramen recipes and more!! Send me an email for a ramen consulting request matsunaga.epice@gmail.com

 

一蘭さんのラーメンも再現してたり(笑)目が離せません!

 


グルメランキング

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都府情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました