スポンサーリンク

頂法寺 六角堂(京都市)

立ち寄りSPOT

メモ

淡路島に漂着した如意輪観音像を念持仏としていた聖徳太子は、用明天皇2年(587)、四天王寺建立の材木を求め、京都盆地を訪れました。太子が池で身を清めるにあたり、念持仏を木に掛けたところ動かなくなり、この地にとどまって人々を救いたいと太子に告げたため、六角形の御堂を建てて安置したといわれます。
正式な寺号は頂法寺ですが、御堂の形から「六角堂」「六角さん」と呼ばれ、親しまれています。門前を東西に走る道も六角通りといいます。

六角堂の北側に、聖徳太子が身を清めたと伝えられる池の跡があります。この池のほとりに、小野妹子を始祖とする僧侶の住坊があり、「池坊」と呼ばれるようになりました。代々六角堂の住職を務める池坊は、仏前に花を供える中でさまざまな工夫を加え、室町時代の「いけばな」成立に至ります。東福寺の禅僧の日記『碧山日録』には、寛正3年(1462)に池坊専慶が花を挿し、京都の人々の間で評判になったことが記されています。

地図

photo

近くのお店

 

 

 

コメント

  1. […] たなべさん家のそとごはん2021-03-27 07:32:45頂法寺 六角堂(京都市)https://www… OTHERS シェアする Twitter Facebook はてブ Pocket LINE コピー tanabeをフォローする tanabe たなべさん家のそとごはん […]

タイトルとURLをコピーしました